AX

アヤナスに含まれる成分

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください

アナヤスに含まれる成分記事一覧

「グリセリン」という言葉から一番最初に思い浮かぶイメージと言えばなんでしょう?便秘に悩んでいる方なら一度はお世話になった...

低刺激コスメの成分表に時々見られる「BG」という物質をご存知でしょうか?ほとんどの人には耳慣れない言葉だと思われますがア...

最近は化粧品も低刺激で肌に優しい成分で作られているものが人気を博しています。そのため基剤となる物質も低刺激な成分が選ばれ...

アナヤスに含まれる成分「ジグリセリン」...これも一般的にはほとんど馴染みのない物質ですね。しかし、語感がグリセリンと何...

ソルビトールは甘味料として用いられる糖アルコールの一種ですが、食品添加物以外にも幅広い用途で用いられている物質です。別名...

アナヤスに含まれる成分「アルギン酸」とは海藻類、特に昆布に多く含まれている多糖類で食物繊維の一種です。昆布を切ると断面か...

コウキエキスは中国南部に自生するクルミ科の常緑高木「「黄杞(こうき)」から抽出された成分で、肥満予防、解毒、解熱に効果が...

化粧品の成分の中でも人の肌細胞内に存在し、肌細胞の補修や保湿、アンチエイジングに効果が高いとされているアナヤスに含まれる...

保水成分の代表格的な成分がヒアルロン酸Na(もしくは単にヒアルロン酸)です。ヒアルロン酸Na1gで6リットルという驚異の...

ヒアルロン酸などの保湿成分はその物質内に水分を取り込んで保湿するという性質があるのですが、これから紹介する「ポリHEMA...

アナヤスに含まれる成分グリチルリチン酸2Kは敏感肌用の化粧品で頻繁に目にする成分です。というのもグリチルリチン酸2Kには...

アナヤスに含まれるジラウロイルグルタミン酸リシンNaは天然の脂肪酸とアミノ酸を配合した界面活性剤です。”界面活性剤”とは...

アナヤスに含まれるオレイン酸ポリグリセリル-2とは高級脂肪酸(保湿成分)であるオレイン酸とソルビトールやソルビットなどの...

アナヤスに含まれるセタノールとはヤシ油、パーム油、牛脂、鯨油などから抽出されるアルコールの一種で、高級な不飽和脂肪酸族ア...

アナヤスに含まれるフェノキシエタノールは化粧品に含まれている防腐剤の一種です。”防腐剤”という言葉には敏感に反応する人も...

アナヤスに含まれるメチルパラベンは防腐剤の一種です。防腐剤には製品を腐敗させないという重要な役割がある一方で毒性も確認さ...

主に基礎化粧品(化粧水や乳液など)に配合される合成ポリマーの一種です。ポリマーとは”高分子体”を意味し、単体(モノマー)...

ジメチコンは今何かと話題の”シリコン”の一種です。シリコンには幾つかの種類がありますが、中でもジメチコンはその代表格的な...

アナヤスに含まれる化粧品成分エチルヘキサン酸セチルは”エモリエント成分”の一種です。”エモリエント”とは「保湿作用」と「...

アナヤスに含まれるシクロペンタシロキサンは”シリコン”の一種です。シリコンには幾つかの種類がありますが、中でもシクロペン...

アナヤスに含まれる美容成分「トリメチルシロキシケイ酸」はシリコンオイルの一種で、架橋構造を持つ物質です。テクスチャーは半...

アナヤスに含まれる成分「水添ナタネ種子油」はサラダオイルとしても身近なナタネ種子油を加工してサラサラとしたテクスチャー(...

アナヤスに含まれる成分の加水分解酵母は「酵母エキス」とも呼ばれています。酵母は自然界のあらゆるところに存在する微生物の一...

アナヤスに含まれるセイヨウナツユキソウ花エキスはその名の通り「セイヨウナツユキソウ」の花から抽出されるエキスです。セイヨ...

アナヤスに含まれている「PEG-150」は別名をステアリン酸PEG-150、あるいはステアリン酸ポリエチレングリコールと...

アナヤスに含まれる成分「PEG-30」は低刺激で安全性が高く、優れた保湿効果があるため保湿剤として多くの化粧品に配合され...

アナヤスに含まれる成分「ポリアクリル酸Na」は高分子吸収体の一種で、この物質1gで約1tもの水を保水する能力があるとされ...

アナヤスに含まれる「キサンタンガム」はトウモロコシなどのデンプンを発酵させて作る多糖類の一種です。食品由来の安全性が高い...

アナヤスに含まれる成分「カルボマー」はカルボキシビニルポリマーの略称で、化粧品などに広く用いられている成分です。主な用途...

アナヤスに含まれる成分「フィトステロールズ」は植物ステロールとも呼ばれ、文字通り植物から抽出されるステロール(ステロイド...

アナヤスに含まれるコハク酸ジエトキシエチルは油にも水にも解ける油剤で、クレンジング剤やエモリエント剤などとしても使われて...

アナヤスに含まれる成分「ニオイテンジクアオイ水」は「ニオイテンジクアオイ」の花を蒸留精製した成分で保湿効果があるとされて...

オルメニスミクスタ花水はその名の通り「オルメニスミクスタ」の花を蒸留精製した成分で保湿効果があるとされています。また優し...

アナヤスに含まれる水添ココグリセリルは近年ブームとなっている「ココナツ」から抽出される飽和脂肪酸で、食用や自然派化粧品の...

グリコシルトレハロースはトウモロコシでんぷんから作られる糖質で、天然の保湿成分です。この成分には肌細胞の保護や紫外線ダメ...

アナヤスの成分「加水分解水添デンプン」とはデンプンを加水分解した際にできる成分で保湿性に優れています。抽出する方法は酵素...

今美容業界では“ノンシリコン”が一大ムーブメントとなっていますが、今回紹介するアナヤスの成文「ジフェニルシロキシフェニル...

界面活性剤とは水と油の親和性を高めるための中間物質で、化粧品では皮脂と化粧品との馴染みをよくし、皮脂バリヤを一時的に解除...

パルミチン酸スクロースは非イオン界面活性剤の一種です。「パルミチン酸」とは直鎖飽和脂肪酸の一種で、グリセリドとして植物中...

アナヤスに含まれる成分「ステアリン酸スクロース」は「非イオン界面活性剤」の一種です。「ステアリン酸」とは脂肪酸の一種で、...

専門書(成分辞典など)によれば「アミノプロピルジメチコン」は“ジメチコンの成分の一部をアミノプロピルに置き換えたシリコン...

アナヤスに含まれる成分「(グリセリン/オキシブチレン)コポリマーステアリル」はエモリエント成分(保湿成分)の一種です。名...

化粧品や薬品の成分名において「(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー」のように“(A/B)”に囲まれた成分名の後...

あまり耳馴染みのない名前かと思いますが、「ビタミンE」と言えば誰もが“あ?!”と思うのではないでしょうか?疲労回復や抗酸...

アナヤスの成分「ジステアルジモニウムヘクトライト」はメイクアップ用化粧品を中心に配合されている成分で、油性成分の粘度調整...

アナヤスの成分「リンゴ酸ジイソステアリル」はその名の通り、“リンゴ酸”と“イソステアリルアルコール”を反応させてできる化...

乾燥肌対策や傷ついた部位の保護をするという目的で古くから使われてきたのがアナヤスに含まれる成分が「ワセリン」です。ワセリ...

”PEG”というのは化粧品の成分表示における“Polyethylene Glycol(ポリエチレングリコール)”の略称で...

アナヤスの成分「プロピルパラベン」は名前に「パラベン」が付いていることからもお分かりのように、防腐剤「パラベン」の一種で...

アナヤスの成分「フェノキシエタノール」はグリコールエーテルというアルコールの一種となる成分です。高級な緑茶「玉露」に含ま...

アナヤスの成分「オレイン酸ポリグリセリル−2」は保湿成分である高級脂肪酸のオレイン酸にソルビトールやソルビットなどの糖質...

アナヤスの成分「ステアリン酸ソルビタン」は“界面活性剤”の一種です。”界面活性剤”とは水と油の親和性を高めるための中間物...

アナヤスの成分に含まれる水酸化K(水酸化カリウム)はK(カリウム)を水に反応させてできる化合物で、石鹸を作る際に用いられ...