AX

アヤナスに含まれる成分

アナヤスの成分「水酸化K」

アナヤスの成分に含まれる水酸化K(水酸化カリウム)はK(カリウム)を水に反応させてできる化合物で、石鹸を作る際に用いられる代表的なアルカリ剤(強い酸性を中和させたり、アルカリ性に傾けさせる際の使われる成分)になります。

 

形状は白色の小粒で薄片や塊などがあります。

 

薄い水酸化Kの水溶液は皮膚表面を軟化させる作用があるため、界面活性剤としてクリーム、乳液など広く用いられています。

 

濃厚な水溶液は皮膚に対して強い刺激を与え、場合によっては皮膚細胞を破壊する恐れがあるので、石鹸や化粧水を自作する際には配合量に十分な注意が必要です。

 

これは人の肌は本来弱酸性を保つことで表皮に雑菌や病原菌が異常増殖することを抑止しているのですが、そこにアルカリ性のK(カリウム)を作用させることで中和してしまうからです。

 

したがって、アルカリ度が高まるほど、肌に与えられるダメージが強くなってしまうという理屈になります。

 

水酸化Kはほかにも*コールドパーマのアルカリ剤としても使われる成分ですが、上記のような理由から配合量は規定されています。

 

*コールドパーマとは柔らかい質感のヘアスタイル作りに適したパーマ法です。この時に使う専用液の一つにアルカリ剤があり、その代表格が「水酸化K」になります。

 

また、本成分は化粧品のpH調整剤としても使われる成分です。

 

ただし、この成分が配合されているシャンプーやスタイリング剤・パーマ液などを使うと髪の毛にアルカリによるダメージが残ります。

 

そのため、洗髪や雨などによって湿り気を帯びると髪の毛の縮れ具合が強くなるという性質を持つので使用する際はその点をあらかじめ把握しておきましょう。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください