AX

アナヤスに含まれる成分「グリチルリチン酸2K」の特徴とその効果

アナヤスに含まれる成分「グリチルリチン酸2K」

アナヤスに含まれる成分グリチルリチン酸2Kは敏感肌用の化粧品で頻繁に目にする成分です。
というのもグリチルリチン酸2Kには

 

・高い炎症作用
・高いアレルギー作用

 

があることが確認されているからです。

 

敏感肌や乾燥肌の原因は角質の状態の悪さにあると言われています。

 

もう少し詳しく説明すると

 

・角質がボロボロとなりすぐに剥がれ落ちて表皮が薄くなり水分が蒸発するのが乾燥肌
・角質がボロボロで表皮が薄くなり紫外線やアレルゲンなどの肌ストレスに過敏になるのが敏感肌

 

とされているのです。

 

グリチルリチン酸2Kはニキビ治療薬や皮膚炎の治療薬にも配合されているステロイド性成分なので、敏感肌用の化粧品としても効果が高いのです。

 

しかし、医薬品ではない化粧品にステロイド性成分が含まれるということに不安感を覚える人も多いのではないでしょうか?

 

法律上は「粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流さないもの」という商品カテゴリーなら0.5%までの配合が認められています。

 

国内の化粧品メーカーの場合、0.1%程度の配合比率が多いのでこれなら肌への悪影響は少ないと考えられます。

 

また、生薬を主成分とする化粧品であっても生薬成分の中には肌への刺激が強い成分もあるので、そんな時にグリチルリチン酸2Kを微量程度配合することで肌の神経が過敏に反応す
ることを抑制してくれるケースもあり、メーカーとしては重宝する成分と言えるでしょう。

 

製品によっては成分表にグリチルリチン酸ジカリウムと表記されている場合もありますが、これはグリチルリチン酸2Kと同じ成分になります。

 

 

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください