AX

アナヤスに含まれる成分「メチルパラベン」の特徴と効果

「メチルパラベン」の特徴とその効果

アナヤスに含まれるメチルパラベンは防腐剤の一種です。防腐剤には製品を腐敗させないという重要な役割がある一方で毒性も確認されており、流通している化粧品や日用品には使用量が厳しく制限されている物質になります。
最近では”低刺激”、”無添加”、”天然由来成分”などが売れ筋化粧品の重要なキーワードになっているため、”パラベンフリー”の製品が多くなってきました。
メチルパラベンもパラベンの一種ですから、最近は敬遠される傾向にあります。
パラベンの毒性については2005年に朝日新聞に掲載された「化粧して外出するとシミやシワができやすい」という見出しの記事で話題になりました。この記事は「防腐剤として配合されているパラベンが”肌の老化を招く”」というセンセーショナルな内容でした。
同記事によれば、この事実は京都府立医科大生体安全医学講座吉川班の研究で明らかにされたとのこことで、”(化粧品等でヒトの)皮膚が吸収する濃度のメチルパラベンを添加した細胞に紫外線を当てると、通常より3倍もの脂質過酸化物(シミ、シワの原因物質)が発生した”と紹介されています。
ただし、この記事に書かれているような実験環境=”高濃度のパラベンを直接皮膚に塗って紫外線照射装置に肌細胞を晒す”ということは日常の中ではあり得ないシチュエーションですし、”水溶性のパラベンが皮脂膜で覆われている皮膚内部に浸透する”というのも普通は考えづらい状況です。
日本の化粧品は世界的に見ても厳しい安全基準が設けられているので、健康肌の人に悪影響が出るようなパラベンの含有量は認められていませんので、特に敏感肌でないのなら、ことさら神経質になる必要性はないでしょう。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください