AX

アナヤスの成分「PEG-150」とは?

「PEG-150」ってどんな特徴と美容効果があるんですか?

アナヤスに含まれている「PEG-150」は別名をステアリン酸PEG-150、あるいはステアリン酸ポリエチレングリコールとも呼ばれる成分です。”PEG”という略称はPolyethylene Glycol(ポリエチレングリコール)”の頭文字に由来しています。ステアリン酸は高級脂肪酸としても知られ、美容クリームや美容液にも配合されている成分で乳化作用に優れているため色々な化粧品に利用されています。
脂肪酸といえば皮下脂肪を連想しがちですが、私たちの健康維持には欠かせない成分で、特に不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)は飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)を溶かして血栓を抑制する効果のある有効成分となります。ステアリン酸も不飽和脂肪酸の一種で、皮膚細胞の毛細血管の代謝を上げ、肌の若返り(ターンオーバー)を助ける成分になります。
PEG-150には乳化以外にも”保湿効果”や”安定剤効果”などもあり、非イオン界面活性剤として配合されるケースもあります。
”界面活性剤”とは水と油脂との馴染みをよくするための中間物質で、水溶性の成分と脂溶性の成分を均一に配合するための必須成分です。またよく攪拌することで乳化の濃度を調整しつつ色々なテクスチャー(質感)を作り出すことができるため主に化粧品の基剤として使われます。
一般的な界面活性剤は石油や鉱物油から合成され、皮膚への刺激が強いことから近年敬遠される傾向が強いのですが、非イオン界面活性剤は肌への刺激が少なく、安全性も高いとされています。ただし、全ての肌質に対して安全性が保証されているわけではありませんので、使用中に違和感や皮膚トラブルが発生した場合には速やかに使用を中止し、皮膚科に相談するようにしましょう。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください