AX

アナヤスに含まれる成分「カルボマー」について

アナヤスに含まれる成分「カルボマー」はカルボキシビニルポリマーの略称で、化粧品などに広く用いられている成分です。主な用途は基剤に反応させて粘度を調整するというもので、乳液からジェルのテクスチャーまで幅広く粘度を調整できます。

 

化粧品以外にもカルボマーの結晶を応用した製品が紙おむつや女性の生理用品です。つまり、カルボマーは高分子吸収体の一種ということになります。

 

カルボマーには水と反応するとジェル状になるという性質があるので、増粘剤や分散剤として用いられています。また合成樹脂成分なので腐敗したり、変質するリスクが少ないというメリットがあります。

 

カルボマーの安全性についてですが、日本製の日用品や衛生用品、化粧品などで使われているカルボマーの場合、食品ではありませんが、「無害」のカルボマーを使うのが一般的なので健康被害等の問題点はほとんど無いと言っても良いでしょう。

 

化粧品ではありませんが、性行為の際の潤滑ジェルもカルボマーが基剤として使われています。粘膜部に直接触れても無害なので、カルボマーが目や口などの粘膜に触れても問題はありません。

 

カルボマーの正式名称であるカルボキシビニルポリマーの「ポリマー」とは高分子体という意味です。人間の体も高分子体で構成されているので、人工的に合成されたビニルポリマーでも人体にとっては無害もしくは低公害のものを作ることが可能なのです。ちなみに私たちの体内にある代表的なポリマーには

 

・タンパク質
・コラーゲン
・セルロース(多糖体)

 

などがあり、カルボマーも多糖体になります。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください