AX

アナヤスに含まれる成分「ニオイテンジクアオイ水」の特徴とその効果

ニオイテンジクアオイ水の特徴とその効果について(アナヤスの成分)

アナヤスに含まれる成分「ニオイテンジクアオイ水」は「ニオイテンジクアオイ」の花を蒸留精製した成分で保湿効果があるとされています。
抽出方法は「11.オルメニスミクスタ花水」の章で紹介した方法と同様、ニオイテンジクアオイの花を高温高圧で煮出した水蒸気から水溶性の有効成分や芳香成分を抽出する方法になります。
ニオイテンジクアオイ(匂い天竺葵)はゼラニウムの一種で、正式名はローズゼラニウムと言います。原産地は南アフリカでバラとよく似た甘い芳香があり、乾燥した花びらやフラワーエッセンスはローズティーの香料としても利用されています。
テンジクアオイは原産地である南アフリカでは整腸作用や婦人病(月経不順や通経剤)に効く薬草として用いられていました。
このことからニオイテンジクアオイの有効成分が女性ホルモンの分泌促進に効果が期待できるのと、バラとよく似た芳香は自律神経に作用し、実際に癒しのホルモンと呼ばれるエストロゲン(女性ホルモン)の分泌を促すことが知られています。
ニオイテンジクアオイには「貧乏人のバラ」という不名誉な別名もありますが、栽培が簡単で製造コストが安いため、バラの代用品としていろいろな製品に利用されています。
ニオイテンジクアオイ水の水溶性成分にはタンニンやフラボノイドがあり、タンニンには抗酸化作用、抗菌作用、抗ウィルス作用があり、またフラボノイドには消臭作用、抗酸化作用、制がん作用、抗アレルギー作用、生活習慣病のリスク低下などの効果が知られています。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください