AX

アナヤスの成分「水添ココグリセリル」の特徴と効果について

アナヤスの成分「水添ココグリセリル」の特徴

アナヤスに含まれる水添ココグリセリルは近年ブームとなっている「ココナツ」から抽出される飽和脂肪酸で、食用や自然派化粧品の原料として用いられています。

 

「水添」とは“物質に水素を反応させる”という意味の化学用語で、化粧品では“油脂の水素添加”などでよく用いられます。

 

少し専門的な話をすれば、不飽和脂肪酸状態の油脂を気体の水素に反応させることで“飽和脂肪酸”となり、テクスチャー(質感)が硬くなり品質が安定するといった具体です。

 

これは石鹸やろうそく、坐薬などある程度ハードな質感が求められる製品を作る際によく用いられる方法ですが、「水添」の際に用いる触媒によってテクスチャーは様々なものを作り出すことが出来ます。

 

つまり、アナヤスの成分「水添ココグリセリル」とはココナツから抽出したオイルの品質的なばらつきをなくすために「水添」させた成分で、これによって希少なココナツオイルの量産が可能となり、化粧品の品質安定や価格の引き下げに貢献できる構図になるのです。

 

また、「水添」させることで、品質的に安定し、酸化しにくくまた融点が高くなるので食用ココナツオイルを常温で固形保存させることが可能となります。

 

ココナツオイルは天然のままでもミネラルを豊富に含んだ飽和脂肪酸なのですが、あくまでも天然のものは品質にばらつきがあり、テクスチャーを一定化させる必要のある化粧品の成分として用いるのにはあまり向いていません。そこで「水添」させて品質を安定させることが求められるのです。

 

ココナツオイルに豊富に含まれている“ラウリン酸”には高い殺菌作用があり、化粧品の原料として用いることで肌表面の衛生状態を良好に保ってくれる作用があります。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください