AX

アナヤスの成分「(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー」の特徴

アナヤス成分「(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマー」について

界面活性剤とは水と油の親和性を高めるための中間物質で、化粧品では皮脂と化粧品との馴染みをよくし、皮脂バリヤを一時的に解除して、化粧品の持つ有効成分が肌に浸透しやすくするのを手助けするために配合される成分です。

 

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマーは乳化作用が高く、少量で様々な種類や量の油を安定的に乳化させることができるため、乳液やクリームの乳化剤としても用いられます。

 

また、ウォータープルーフ性能もあり、アイライナーやアイシャドウなどメイクアップ用の化粧品にも用いられています。

 

他にも、保水力が高いという特徴から、化粧品の安定剤や保湿剤としての用途もあります。

 

(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10−30))クロスポリマーというちょっとややこしい名前の付け方ですが、これにはアクリル酸、メタクリル酸、アクリル酸エステル、メタクリル酸エステルとアクリル酸アルキル(C10−30)からなる高分子を格子状にして配列させたという意味があり、「クロスポリマー」が格子状の分子構造であることを表しています。

 

また、「アクリレーツ」は“アクリル酸、メタクリル酸、アクリル酸エステル、メタクリル酸エステル”というエステル化合物群を意味している名称となります。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください