AX

アナヤスの成分「パルミチン酸スクロース」の特徴について

アナヤス成分「パルミチン酸スクロース」について

パルミチン酸スクロースは非イオン界面活性剤の一種です。

 

「パルミチン酸」とは直鎖飽和脂肪酸の一種で、グリセリドとして植物中に多く存在しています。このパルミチン酸にスクロース(ショ糖)を反応させて出来る化合物になります。

 

パームヤシに含まれている高級な脂肪酸で、安全性が高いことから高級な化粧品や自然派の日用品(洗剤や石けんなど)に用いられる成分となります。

 

成分の特徴には
・乳化作用
・保湿効果
・抗菌作用
・肌のキメを細かく整える作用

 

などがあります。

 

「乳化作用」とは攪拌によって分子同士を結合させ、液体状の物質をゲル化させる化学反応のことを意味する化学用語です。
パルミチン酸スクロースを乳化させることで製品の基材のテクスチャー(質感)に柔らかな感触と光沢を与えることができるます。

 

「界面活性剤」の水と油のなじみをよくするという作用を利用して、皮脂バリヤを一時的に溶解しさせ、化粧品の持つ有効成分を肌表面に効率よく吸着させることが目的で配合されます。

 

ただし、一般的な合成界面活性剤は石油や鉱物油から合成されるもので、肌への刺激が強く、適切にリカバリー(保湿)を行わないと肌の乾燥を招き、接触性皮膚炎や感染症などの肌トラブルを招きやすくなります。

 

そこで、より低刺激な界面活性剤として、食用としても利用可能な植物から抽出した脂肪酸を使ってスクロース(ショ糖)と反応させたのが「○◯酸スクロース」と呼ばれる非イオン界面活性剤の仲間です。

 

パルミチン酸スクロースは原料に希少性の高い「パルミチン酸」を使っていることから高級な化粧品などに使われています。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください