AX

アナヤスに含まれる成分「ステアリン酸スクロース」の特徴と効果

「ステアリン酸スクロース」の特徴とその効果について

アナヤスに含まれる成分「ステアリン酸スクロース」は「非イオン界面活性剤」の一種です。
「ステアリン酸」とは脂肪酸の一種で、そこにスクロース(ショ糖)を反応させて出来る化合物になります。

 

この成分の特徴としては
・乳化作用
・分散作用
・肌のキメを細かく整える作用

 

などがあり、乳化作用では製品のテクスチャー(質感)に光沢と柔らかな感触を与えることができるため、多くの化粧品や日用品に配合されている成分です。

 

「界面活性剤」には水と油のなじみをよくするという作用があります。皮膚の表面は皮脂バリヤで保護されているため、水分の多い化粧水では弾かれてしまい、そのままでは美容成分が浸透していきません。

 

そこで、界面活性剤を配合して、皮脂と化粧水のなじみをよくして、美容成分の浸透を促す必要性があります。
したがって、「界面活性剤」は化粧品や医薬品の世界では必要不可欠な成分なのです。

 

しかし、安価な石油や鉱物油から合成される一般的な界面活性剤は素肌への刺激が強く、肌荒れや発疹などの肌トラブルの原因となってしまいます。
そこで食品(脂肪酸)などから作られる低刺激性の「非イオン界面活性剤」が使われるようになりました。

 

界面活性剤は天然にも存在していますが、量産には向かないので、合成界面活性剤の中でも比較的低刺激でコスト的にも抑えられる「ステアリン酸スクロース」などが広く用いられています。

 

ただし、極端な敏感肌やホルモンバランスが崩れがちな人は非イオン界面活性剤にも過敏に反応してかゆみなどの肌トラブルを起こす場合があります。

 

アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください