AX

アナヤスの成分「トコフェロール」の特徴とその効果とは?

ディセンシアの「トコフェロール」

あまり耳馴染みのない名前かと思いますが、「ビタミンE」と言えば誰もが“あ?!”と思うのではないでしょうか?疲労回復や抗酸化作用に優れた成分として広く知られています。

 

この物質は水にはほとんど溶けず、油やアルコールによく溶け、色は黄色から黄褐色をしている物質です。

 

効果については上記のように“高い抗酸化作用”と“疲労回復作用”ですが、化粧品の成分として配合される場合は肌荒れの原因となる「過酸化脂質」の合成抑制、「皮膚を角質化させ、代謝を促す」作用などが目的で配合されます。

 

「皮膚を角質化」させると肌が硬くなるのでは?と思う人もいるかと思いますが、肌が“角質化する”のは古い肌細胞を剥がしやすくするためで、古い肌細胞の下に出来る新しい肌細胞の組成を促すことになり、結果としてターンオーバーが潤滑になります。

 

ビタミンEを豊富に含む食材としてはうなぎや豚肉がよく知られているように自然界に広く存在する成分です。

 

植物ではアーモンドやくるみなどのナッツ類や菜種、ひまわりの種子など種には豊富なアナヤスの成分「トコフェロール」が含まれていることがわかっています。

 

食品由来の成分なので安全性は非常に高く、化粧品の酸化防止剤としてとてもメジャーな成分ですが、最近ではα-トコフェロールを酢酸エステル化して作られる合成成分の「酢酸トコフェロール」などが用いられる場合もあります。

 

こちらは化学的に合成された成分ですので、品質も安定していて安価なため広くいろいろな製品に配合されるようになりました。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください