AX

敏感肌の対策

50代になって乾燥肌・・・それってストレス性敏感肌かも?きちんとした対策で改善できます!

ストレス性敏感肌という言葉、ご存知ですか?

 

過度のストレスは心身ともに様々な悪影響を及ぼしますが、これは肌も同様。

 

日常的なストレスが原因で、敏感肌になってしまうことがあるのです。

 

50代になって乾燥肌になったという実感がある方は、もしかしたらストレス性敏感肌かもしれません。

 

ストレス性敏感肌って?

 

 

ストレスは心身ともに異常を引き起こす大きな原因となりますが、乾燥肌・敏感肌もストレスによって引き起こされることがあります。

 

ストレスと一口に言っても様々あり、紫外線や花粉などによる外からのストレス、睡眠不足や乱れた食生活などによるストレス、仕事や子育てなどの悩みや不安、重いプレッシャーによるストレス、過度の肉体疲労によるストレスなどです。

 

ストレスによって敏感肌になるのは、主に免疫力の低下が原因です。

 

人は強いストレスを感じると、交感神経が優位に立ちます。

 

交感神経は興奮を、副交感神経はリラックスした状態を作り出しますが、ストレスによって脳がずっと興奮状態になってしまうと、この二つのバランスを取っている自律神経が乱れます。
自律神経は免疫力をつかさどっているので、バランスが取れなくなると免疫力も落ちてしまうというわけです。

 

免疫力が落ちると風邪をひきやすくなったり外部刺激に影響されやすくなり、さらなるストレスになってしまいます。

 

ストレス性敏感肌というのも、免疫力低下によって肌のバリアー機能が低下し、乾燥や紫外線、ホコリなどの外部刺激に耐えられずに肌荒れが起こりやすくなる肌のことをいいます。

 

バリアー機能が低下すると肌が乾燥しやすくなりますので、敏感肌=乾燥肌といっても大きな語弊はないでしょう。

 

50代は忙しい世代ですから、50代になってから乾燥肌が気になり出したいうのは、ストレスが原因かもしれません。

 

その場合、乾燥肌対策にはただワセリンや保湿クリームを塗ればいいというのではなく、ストレスの原因を取り除いたり、緩和することが有効な対策となってきます。

 

また、ストレスはコルチゾールというホルモンの分泌を促します。

 

これは抗ストレスホルモンと呼ばれ、あらゆるストレスから身体を守るために副腎皮質で作られるホルモンです。

 

ですから適度に出ていれば問題はないのですが、ストレスが強く毎日のようにフル稼働していると、副腎皮質が疲れ、分泌が追いつかなくなります。

 

すると、同様に副腎皮質で作られる他のホルモンの分泌もされにくくなり、ホルモンバランスの乱れにつながります。

 

ただでさえ50代は閉経などによる女性ホルモンの乱れが懸念される年代ですので、それに輪をかけることになってしまうのです。

 

ストレスの緩和が免疫力低下による敏感肌対策となり、結果として乾燥肌対策になるということを、ぜひ覚えておいてください。

 

日常的な改善方法

 

 

毎日の生活で、どんなことにストレスを感じていると思いますか?

 

まずはストレスの原因を見極めることができると、対策も立てやすくなります。

 

50代になって乾燥肌対策が必要になったという人は、50代になってから生活の変化があったかどうか、身体の変化があったかどうか考えてみてください。

 

思い当たることがあれば、乾燥肌の原因はそこにあるかもしれません。

 

何が原因かわからないという場合は、とにかくリラックスできる時間を1日にわずかでも良いので持てるようにしましょう。

 

人はセロトニンというホルモンが分泌されるとリラックスできますので、セロトニン分泌を促す、特におすすめの方法をご紹介します。

 

・プラネタリウムを見る

 

 

プラネタリウムや映画館で眠たくなったことはありませんか?

 

暗い空間が眠気を誘うのですが、中でもプラネタリウムはおすすめ。

 

暗闇での星のまたたきと耳に心地よいナレーターの声が、身体をリラックスさせてくれます。

 

最近ではその効果に注目して、星の解説は無しでヒーリング音楽を流すプログラムを持つプラネタリウムもありますので、ぜひ行ってみてください。

 

・アロマキャンドルを見つめる

 

 

香りに癒し効果があることは周知の事実ですね。

 

ろうそくの揺らめきにもセロトニン分泌を促す効果がありますので、暗い中でアロマキャンドルを見つめると香りとの相乗効果が見込めます。

 

忙しい50代ですから、なるべく日常に取り入れられる自分なりのリラックス法を見つけられると、乾燥肌対策だけでなく他の身体の不調への対策にもなるでしょう。

 

ストレス性敏感肌におすすめの基礎化粧品

 

 

ストレス性敏感肌=乾燥肌の対策に欠かせないのは、洗顔後のスキンケアです。

 

50代になって乾燥肌が気になり始めたという場合は特に、基礎化粧品の内容を見直すなどの対策が必要になってきます。

 

肌は加齢によっても置かれている環境によっても、もっと言えば季節によっても変わってきますから、その都度肌に合ったものを使用するのが理想的です。

 

50代の乾燥肌対策としては、単なる保湿だけでなく肌に必要な成分を高確率で浸透させる化粧水や美容液がおすすめです。

 

中でもディセンシア化粧品の「アナヤス」シリーズは、ストレス性敏感肌対応コスメとして美容雑誌で紹介されるほど、乾燥肌や敏感肌に特化した化粧品。

 

保湿成分はもとより、特許技術で配合された美肌成分や癒やし効果の高いアロマの香りを配合した化粧水には、乾燥肌対策と同時にリラックス効果もあります。

 

ストレス性敏感肌かも?とお悩みの50代の方に、一度は試してほしい基礎化粧品シリーズです。

 

 

 

敏感肌のエイジングケアを叶える最新技術を体感!
詳細はコチラをクリック

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください