AX

敏感肌の対策

40代から知っておきたい光老化 紫外線を制することが乾燥肌対策に!

 

紫外線が怖いことは知っているけれど、どうしてかはよく知らない・・・という人は多いはず。

 

老化には加齢の他に光老化があるということ、ご存知でしたか?

 

光老化の影響は、40代からの対策で小さく抑えられます。

 

ひいては今悩んでいる乾燥肌対策にもなりますから、乾燥肌にお悩みの方には特に知っておいてほしい対策です。

 

加齢による老化と光老化

 

 

老化と聞いて思い浮かべるものは何でしょう。

 

肌に関してはシミやシワ、たるみ、くすみ、ごわつき、キメの乱れ・・・等でしょうか。

 

赤ちゃんはこれとは逆に、キメが細かくてすべすべのみずみずしい肌ですが、発達の途中なので未熟で、荒れやすい肌でもあります。

 

それでも乾燥肌にはならず、すぐにみずみずしい肌に戻るのは、新陳代謝が活発で、細胞の入れ替わりが早いからです。

 

成長と共に肌は強くなり、潤いやハリが出てきますが、うるおいのもとである皮脂腺や汗腺は20歳くらいからその分泌を減らしていきます。

 

皮脂腺は10代の頃は分泌が多すぎることがありますから、だんだん減ることで20代後半にはしっとりとしたちょうど良い肌になることがあります。

 

しかし、その後もどんどん皮脂腺や汗腺は衰えて分泌低下していきますから、40代になると乾燥肌が目立ち、対策を特に意識するようになってきます。

 

このような代謝の低下はもちろん真皮でも起こっており、40代では劣化したコラーゲンが全体の40%を占めるようになりますから、ハリもなくなってきます。

 

加齢による自然老化の肌への影響は、弾力性の低下、バリアー機能の低下によって表皮が薄くなる、乾燥による角質層の萎縮、エラスチンの減少などです。

 

一方、老人特有のごわつきやシミ、深いシワは加齢による老化が原因ではなく、紫外線による老化を原因としています。

 

これを光老化といいますが、特徴として色が黒くゴワゴワとし、深いシワが寄り、うなじ部分ではひし形のシワができます。

 

フィッシャーマンズスキンとも呼ばれるこのような光老化の現象は、紫外線を浴び続けることで皮膚がんにもつながる恐ろしいものです。

 

メラニンは日焼けやシミのもとになるとして嫌われ者ですが、このような光老化から身体を守るための防御機構のひとつなのです。

 

加齢による老化は表皮が薄くなりますが、光老化ですと厚くなります。

 

これは、角質層にある角化細胞が乱れて不均一になり、異常角化を起こすことがあるため。

 

また、真皮においてはエラスチンやコラーゲンの形状が変化することで、たるみにつながります。

 

加齢による老化はある程度仕方のないことですが、光老化は徹底した紫外線対策で最小限に抑えることができ、そうすることで上記のような肌現象や乾燥肌の対策へとつながります。

 

それはまだシワもたるみも深くない40代の今だからこそ、始めてほしい対策です。

 

光老化対策は紫外線対策

 

 

40代はまだお子さんも小さく、外に出る機会が多いですから、紫外線を浴びない生活をするわけにはいきませんよね。

 

そこで紫外線対策として日焼け止めを活用している人がほとんどだと思いますが、効果や数値をよく理解して使っているでしょうか?

 

肌に影響を与える紫外線の種類にはUV-A、UV-Bがあることは有名ですね。

 

UV-Bの肌への影響は、いわゆる日焼けです。

 

紫外線を浴びることで肌が赤くなり、ひどくなると水ぶくれになることをサンバーン、その数日後に黒くなることをサンタンといいますが、これらは主にUV-Bが原因です。

 

UV-Bは肌への刺激が強いので、表皮の水分を奪うことで乾燥肌の原因にもなります。

 

UV-AはUV-Bよりも波長が長く、物体をすり抜けやすいという特徴を持っています。

 

長い波長は表皮をすり抜けて真皮にまで届きますので、コラーゲンを合成するもとになる線維芽細胞に影響し、肌の弾力を奪います。

 

光老化による深いシワやたるみはUV-Aを主な原因としており、真皮細胞の劣化による乾燥肌の原因でもあります。

 

日焼け止めはSPFの数値が高いほどUV-Bを防ぎ、PAの+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高くなりますが、この数値が高くなるほど乾燥肌を助長するという特徴も持っていま
す。

 

それが嫌で、乾燥肌対策として日焼け止めを塗らないという人もいるかもしれませんが、これは大きな間違い。

 

日焼け止めを使用しないのは、40代の肌には致命的です。

 

日焼け止めによる乾燥を抑えるには、まず紫外線錯乱剤を使用しているものを選ぶようにしましょう。

 

紫外線吸収剤は、肌表面の水分を蒸発させやすいので乾燥肌になりやすいのです。

 

それから、むやみに数値の高いものを使わずに、シーンに合わせた使い分けをしましょう。

 

毎日のことなので面倒な気もしますが、毎日使う日焼け止めだからこそ、きちんとした使い方をすることで40代の乾燥肌対策に大きな効果をもたらします。

 

紫外線は浴びた後のケアも大事

 

 

紫外線を完全にシャットアウトすることはできませんから、浴びた後のスキンケアは40代の今の乾燥肌対策にも、将来的な老化対策にも非常に重要です。

 

そのためには40代の乾燥肌に効果の高い基礎化粧品を使うことが、最も直接的な対策となります。

 

おすすめしたいのは、ディセンシア化粧品「アナヤス」というシリーズ。

 

UV-Aは真皮の代謝低下を促しますが、アヤナスのオリジナル成分「CVアルギネート」は真皮に在る線維芽細胞を活性化させる効果を持ち、コラーゲン生産量を170%までアップしてくれるのです。

 

また、抗炎症効果のあるコウキエキス配合で、UV-Bで傷つけられた表皮を健やかに整え、角質の乱れによる乾燥肌を防いでくれます。

 

40代になってワンランク上の基礎化粧品をお探しでしたら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

敏感肌のエイジングケアを叶える最新技術を体感!
詳細はコチラをクリック

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください