AX

敏感肌の対策

30代の乾燥肌対策 できていますか?毎日の基本的なスキンケア

10代、20代の頃は簡単なお手入れで美しい肌を維持できていた人でも、30代に差し掛かると徐々に乾燥が目立ってきて、これまで以上のお手入れが必要になってきます。

 

ここでは30代に適した基本的なスキンケアをご紹介します。

 

30代の肌の特徴

 

30代は、心身ともに変化の大きい年代です。

 

結婚による環境の変化、妊娠・出産による身体の変化、初めての子育て。

 

仕事においても、キャリアを積んでだんだんと責任の大きい地位に就き始めるのがこの30代という年代です。

 

変化は脳に刺激を与え活力を生み出す元にもなりますが、大きな変化は大きなストレスでもあります。

 

加えて30代は、肌や身体を美しく健やかに保つためのエストロゲンやメラトニンといったホルモンが徐々に減っていく年代。

 

そのため、肌の水分量だけでなく肌をコーティングして守る役割を持つ皮脂の分泌も減ってきます。

 

内からも外からも変化によるストレスが加えられ、それが引き金となって乾燥肌やストレス性敏感肌になりやすいのです。

 

また、若いころにたくさんの紫外線を浴びたり、徹夜を続けたり、といった肌の疲れがシミ、シワとなって現れ出すのもこの時期です。

 

若いころにしでかしたことなんて、今はもうどうにもできないじゃない!と嘆くことはありません。

 

今からでも十分間に合いますから、乾燥肌対策をしっかりとして、潤いのあるお肌を取り戻しましょう。

 

乾燥肌対策に遅すぎるということはありませんが、対策が早ければ早いほど効果が高まるのは事実です。

 

面倒くさがって明日から・・・とせず、できることからでも今夜のスキンケアから始めましょう。

 

基本的なスキンケア? ダブル洗顔

 

20代の頃は自己回復力に甘えて、30代の今は日々の忙しさに言い訳して、基本的なスキンケアのステップを飛ばしていませんか?

 

既にご存知かもしれませんが、乾燥肌対策のためにも、スキンケアの方法をあらためておさらいしましょう。

 

まずは洗顔についてから。

 

・クレンジング

 

メイク落としのことです。

 

ミルクタイプ、クリームタイプ、オイルタイプと様々なタイプがありますが、個人の好みで選んでいるのではないでしょうか。

 

実はそれぞれのタイプに特徴があり、メイクの程度によって使い分けるのが理想的。

 

例えばミルクタイプは、肌への負担は少ないけれど油性のメイクを落としきれないこともあり、しっかりメイクの日には不向きです。

 

また、オイルタイプは界面活性剤を含むものが多く、簡単にメイクを落とせることができますが、お肌への負担もそれだけ大きいもの。

 

毎日使うと乾燥肌を進行させてしまう恐れもありますので、濃いメイクの日だけに留めた使用が良いでしょう。

 

シートタイプは手軽ですが、拭くという動作が肌への刺激となり、表面が傷ついてしまうことがあります。

 

乾燥肌対策としては逆効果ですので、使用するにしてもどうしても時間がない時だけにしましょう。

 

ポイントメイクは専用のリムーバーで落とすことも忘れずに。

 

・洗顔

 

クレンジング+洗顔をダブル洗顔といいますが、これは必須で、どちらかだけでは不十分です。

 

クレンジングはメイク、洗顔は一日の汚れを落とすもので、目的が異なるからです。

 

乾燥肌対策のためにダブル洗顔を避けるのは間違いで、皮脂や汚れをしっかりと落とせないと健やかなターンオーバーを妨害することになり、返って乾燥肌になってしまうのです。

 

30代は皮脂分泌が少なくなってきているとは言っても、洗顔で必要分までなくなってしまうほど衰えてはいませんので、ご安心を。

 

しっかりと皮脂や汚れを落とした方が、化粧水や乳液の浸透が良くなります。

 

固形せっけんや洗顔フォーム、泡タイプなど形状が異なり、構成内容も異なりますので注意して見てみましょう。

 

30代でしたら、すっきりと皮脂を落とせて添加物の少ない固形せっけんタイプがおすすめです。

 

基本的なスキンケア? 化粧水・乳液

 

洗顔をしたら、次は保湿と美容成分の導入です。

 

何のために使用するのかという基本的な部分を押さえておくことが、乾燥肌対策につながります。

 

・化粧水

 

化粧水はただ保湿するだけでなく、必要な成分を肌に届ける役割があります。

 

入浴後の肌は水分補給が存分になされていますが、汗と共にその水分はどんどん蒸発していきます。

 

潤いを維持するためにも、化粧水は洗顔後すぐに使用しましょう。

 

化粧水に含まれる成分は色々ありますが、多くのものに使われているのがヒアルロン酸、ビタミンC誘導体、コラーゲンなど。

 

乾燥肌への対策には、細胞の間にあって水分を保持しているセラミド層を補う成分を与えてあげると良いでしょう。

 

・乳液

 

化粧水が保湿、美容成分浸透の役割を持つのに対し、乳液は保湿と潤いの保持が主な役目ですから、乾燥肌対策には必須です。

 

では、オイリー肌だったら使わないほうがよいのかといえば、これは間違い。

 

なぜなら、化粧水のみの使用だと潤いがキープできず水分がどんどん失われていき、乾燥を防ぐために皮脂が多く分泌されるということが起こるからです。

 

基本的なスキンケアの手順を守れば、乾燥肌対策の基礎はバッチリです。

 

30代の肌は使用するものでマイナス10歳にもプラス10歳にもなりますから、乾燥肌対策のためにも化粧水や乳液にはこだわりたいもの。

 

30代におすすめなのは、ディセンシア化粧品の「アナヤス」シリーズ。

 

「アヤナス」の濃密化粧水は、通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノスフィア」を使用しており、肌の奥まで潤いを届ける、というもの。

 

ワンステップ上のスキンケアとして、30代向けの美容雑誌でも注目を集めています。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください