AX

アナヤスの特徴

ストレス性敏感肌の特徴とは? アヤナスが効果的な理由

 

ストレス性敏感肌に効くアヤナス

 

「ご自分は敏感肌だと思いますか?」という問いに対して何と答えますか?

 

いろいろと過去を思い出して考えたあげく、YESと答えるのではないでしょうか。

 

私たち世代だけではなく、年齢に関係なく多くの女性がそう答えるのだそう。

 

実際には深刻な真性敏感肌の人はそう多くはなく、たまたま疲れていて肌が荒れがちだったり、使用した化粧品が合わなくて炎症が起きたりして、自分は敏感肌なんだわと誤認している場合も少なくないようです。

 

しかし、本来は敏感肌ではないのに、敏感肌になってしまう時があります。

 

それは、強いストレスを感じているときです。

 

敏感肌に高い効果を持つアヤナスシリーズを作るディセンシア化粧品が「ストレスを感じると肌が荒れますか?」というアンケートを採った結果、30?40代女性の95%がYESと答えたといいます。

 

これをストレス性敏感肌といいますが、こうした肌には特徴があります。

 

ここではその特徴に着目しながら、ストレス性敏感肌のケアに定評のあるアヤナスシリーズの特徴をご紹介し、なぜアヤナスが敏感肌に効果があるのかという点を検証していきます。

 

 

ストレス性敏感肌の特徴?肌冷え

 

ストレス性敏感肌の特徴として、肌温度が低いという特徴がありますが、これは血行不良が大きく関与しています。

 

人はストレスを感じると交感神経が優位に立ち、血管が締まり、血流が悪くなるという特徴があります。

 

この状態が長く続くと全身の血行不良につながり、体温が下がります。

 

顔も例外ではなく、血流が悪くなることで老廃物の排出や栄養分の供給が滞り、肌のバリア機能が低下することで敏感肌となってしまうのです。

 

アヤナスには血行を促進する特徴がありますが、これはジンセンXというオリジナル成分が含まれているためで、皮膚温上昇の働きが期待できます。

 

また、肌が冷えると肌色が悪くなりますが、アヤナスにはくすみを予防するローズマリーエキスが配合されており、透明感を高める効果も。

 

こういった、肌冷えを解消する成分がアヤナスには含まれています。

 

 

ストレス性敏感肌の特徴?角層の不良

 

肌冷えの特徴として、肌の最表面にある角層を作るタイトジャンクションの働きを阻害する、という特徴があります。

 

タイトジャンクションとは角層の下にあり、肌の水分を逃がさず外からの刺激を入れないという大切な役割を担っています。

 

この機能が低下することは、バリア機能の低下につながります。

 

アヤナスにはタイトジャンクションを活性させるパルマリンエキスが配合されており、健やかな角層を生み出す手助けをすることもその効果の特徴の一つ。

 

また、アヤナスにはリラックス成分GABAの生成を助けるビルベリー葉エキスも含まれており、ストレス緩和の効果も。

 

ストレスによる肌荒れを研究することでできた、アヤナスならではの配合です。

 

 

アヤナスでストレスフリーな肌へ

 

ストレス性敏感肌の特徴は、肌冷えと、それによるバリア機能の低下にあります。

 

これらの特徴を踏まえ、心理ストレスによる肌ダメージを内側からケアするという特徴を備えた化粧品が、アヤナスです。

 

つまり、外部刺激からのストレスと心理的ストレス両方から肌をバリアする効果を持つのが、アヤナスの特徴なのです。

 

アナヤスによる毎日のケアで、ストレスに揺るがない強く美しい肌を維持することが出来ます。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください