AX

アナヤスの特徴

敏感肌に使いたいアヤナス でも成分に毒性は?

 

敏感肌は少しの刺激にも過敏に反応してしまいますから、化粧品の成分に毒性があるかないかは大きな関心事ですよね。

 

アヤナスは敏感肌でもエイジングケアできる化粧品ですが、使われている成分に毒性は本当にないのでしょうか?

 

ここでは、シリーズで唯一糖化ケアのできる美容液、アヤナスエッセンスコンセントレートの成分に毒性の心配はないのか調べました。

 

 

アヤナスエッセンスコンセントレートの成分について

 

アヤナスエッセンスコンセントレートの成分中で、注目したい成分のいくつかを簡単に説明します。

 

カルボマー・・・カルボキシビニルポリマーの略。粘性を出すために使用されます。人工的に作られることが多いのですが、タンパク質等体内で作られる成分から作られることもあります。

 

テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル・・・結合剤や閉塞剤として。毒性のない成分です。

 

ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル・・・アヤナスエッセンスコンセントレートのとろりとした質感と高い保湿成分を与える100%植物由来成分。

 

ベヘニルアルコール・・・アルコールと名付けられていますが、エタノールが配合されていないのでアルコールフリーの化粧品にも使用可能な高級アルコールです。乳化安定剤であり、毒性のあるものではありません。

 

セタノール・・・水分蒸発を防止してエモリエント効果を高めます。乾燥を防ぐ目的の化粧品によく使用されます。

 

フェノキシエタノール・・・防腐剤。天然に存在する成分で、無添加化粧品にも使用可能。一方でパラベンと同程度の毒性を持つとも言われています。

 

 

アヤナスの糖化ケアに優れた成分について

 

酸化が老化をすすめると言われてきましたが、エイジングケアで近年注目されているのが、糖化です。

 

糖化とは体内でエネルギーとして使われなかった、つまり余った糖とタンパク質が結びついて起こる現象で、老化につながります。

 

炊いたごはんは古くなると黄色くなりますよね。

 

それと同じで、肌も糖化すると黄色くくすんでくるのです。

 

この糖化ケアに働くのがアヤナスの「コウキエキス」と「セイヨウナツユキソウ花エキス(シモツケソウエキス)」という成分。

 

「コウキエキス」で微弱炎症を改善して糖化を予防、「シモツケソウエキス」で糖化の原因物質であるAGEsを断ち切るのです。

 

コウキエキスの原料である黄杞葉は中国では解毒や解熱に効果があるとされ、毒性も認められていないためお茶として飲まれています。
またシモツケソウの成分も毒性の心配はありません。
どちらの成分も消炎作用や収れん作用があるとしてアヤナス以前にも化粧品に使用される実績を持ったものですので、毒性の心配はいらないでしょう。

 

 

一般的な化粧品の使用量であれば問題なし

 

アヤナスエッセンスコンセントレートの成分に、毒性を持つものはないと言ってよいでしょう。

 

アヤナスに限らず化粧品を作る際にはどうしても合成物質が必要ですので、中には大量に使えば毒性のある成分もありますが、アヤナスのように一般的な使用量でしたら問題のないものばかりです。

 

ただし、毒性はなくても人によっては過剰に反応する成分もあるかもしれませんので、本格的に使用する前に必ずテストをしましょうね。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください