AX

乾燥性敏感肌のためのクレンジング講座

敏感肌の正しいクレンジングとは?

 

女性の多くが悩んでいる敏感肌。実は自分自身でご自身の肌を敏感にしてしまっていることが多くあるのです。
その中で、まず注目したいのがクレンジングです。

 

クレンジングなんて落ちれば何でもいいと思っていませんか?
美容液やクリームなどにばかり凝って、クレンジングをおろそかにしている方は要注意です。

 

◆クレンジングで肌が敏感になってしまう原因は摩擦

 

クレンジングをする時、お肌を強くこすっていませんか?敏感肌の一番の大敵はご自身の指による摩擦です。
擦ること・掻くことは最も肌を傷めてしまう行為です。

 

クレンジングをするときは、力の入れ過ぎに十分に注意しましょう。また、メイクの色が濃い場所(目元や口元)を強くこすると
色素沈着やくすみの原因にもなりますので、特に注意が必要です。

 

 

◆お勧めのクレンジング剤

 

クレンジングはクリームタイプやジェルタイプなど、粘度の高いものを使用しましょう。
ふき取りクレンジングも増えてきましたが、コットンの摩擦が大きくなりやすいので、注意が必要です。
たっぷりと付け、指の腹でメイクとなじませましょう。

 

 

◆正しいクレンジングの仕方

 

まず顔全体にクレンジングをなじませ、全体を落とします。
あくまで指の腹でそっと触るように意識してください。

 

落としきれない部分は、コットンか綿棒にクレンジングを付け、色が広がらないように注意しながら落とします。
このときも、クレンジング剤はたっぷりつけ、汚れを浮かすように意識しましょう。

 

 

意外とおろそかにしがちなクレンジングですが、丁寧に行うことで肌は変わります。
みなさんもぜひ、優しい手つきでクレンジングしてみてくださいね。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください