AX

泡の力で洗う洗顔で敏感肌から卒業

敏感肌には丁寧な洗顔が必須です

 

みなさんは洗顔に何分ぐらい時間をかけているでしょうか?

 

チューブから出して、2,3回手のひらを擦り合わせて、そのあと顔をこすって・・・
なんてしている方は洗顔で敏感肌にしてしまっているかもしれません。

 

丁寧な洗顔で肌をいたわりながら汚れを落としましょう。

 

 

◆泡だてがすべての始まり

チューブタイプの洗顔フォームの場合、小指の爪ぐらいの量を出せば十分です。手のひらの上でしっかりと泡だてて、両手でやっと包みこめるぐらいの量の泡をつくります、泡だてネットを使ってもいいですし、ボールとハケをつかって泡だてるのもおすすめです。キメの細かいたっぷりとした泡を作りましょう。

 

◆顔全体を覆うように泡をのせる

顔全体に作った泡をのせていきます。お顔のうえで泡を転がすように指の腹でゆっくりとなでるように洗っていきます。このとき、指で触っている感触がお顔の皮膚に伝わるぐらいではタッチが強すぎます。あくまで洗うのは泡ということを忘れずに。

 

◆シャワーを直接かけるのはNG

お風呂場で洗顔する際、シャワーのお湯を直接かけていませんか?シャワーを勢いよく書けるのは刺激になるのでやめましょう。あまり熱くないお湯を手のひらにため、優しく泡を落とします。毛穴が気になる方は、汚れを落とした後でお水をかけると毛穴が閉じるのでお勧めです。

 

◆最後まで油断しない!顔の拭き方

お風呂上がりに豪快にお肌をこすっていませんか?これはお顔だけでなく、お身体にも言えることですが柔らかいタオルでそっと抑えるように水分を拭き取り、すぐに化粧水で水分を与えます。肌を無防備な状態にしておくことがないように手早く行いましょう。

 

 

いかがでしたか?毎日の丁寧なスキンケアでお肌は必ず綺麗になります。優しく丁寧にご自身のお肌をいたわってあげてくださいね。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください