AX

敏感肌の人が必要な就寝前のケア方法

敏感肌な人が就寝前に必要な事とは?

 

敏感肌の人は皮膚に髪の毛やタオルなどの繊維が触れただけで症状が出てしまう人がいます。
”眠る”という行為は、枕に顔が触れる可能性があるという事。

 

では就寝するに当たって、どのような準備が必要なのでしょうか。
また、どうしたら就寝時に起きる刺激を防ぐ事が出来るのでしょうか。

 

”眠る”という事は、無意識になるという事です。
無意識のうちに顔を出て触ってしまったり、うつ伏せになって枕に顔をうずめてしまう事もあるかもしれません。
そうなってしまうと、翌朝大変な事になっているどころか、夜中に顔が痒くて目が覚めて寝られないなんていう事もあるかもしれないのです。
また、夜中に空気が乾燥して肌が乾燥して痒くなる事もあるかもしれませんね。
それを防ぐには、就寝前にやっておくべき事がいくつかあります。

 

 

部屋の空気の乾燥や顔をひっかかないようにする工夫

 

まず空気の乾燥には乾燥機。乾燥機がない人は、寝る前にタオルに水を含ませて部屋に干しておくなどするといいでしょう。
そして入浴後にスキンケアしたままでなく、もう一度クリームなどを塗り直して肌が乾燥しないように注意するようにしましょう。

 

就寝後、無意識のうちに顔をひっかかないように手に手袋(シルク製だと一番良い)をするのも一つの手です。
それだけでなく、手にクリームを塗って手袋をする事で、手のケアにもなりますし、顔を爪でひっかいてしまっても被害を最小限に抑えられます。

 

また、枕の繊維が顔につかないように立って寝る訳にもいきませんから、枕カバーを擦れても摩擦の少ないシルク製にするといいですね。
同じ事が布団にも言えますが、コスト面を考えると一番いいのは綿100%がいいでしょう。

 

これだけ変えるだけでも顔への負担はだいぶ減りますから、ぜひ敏感肌の人はトライしてみてください。

 

「アナヤストライアルセットでエイジングケア」30日以内返品可能♪枯れ肌お試し化粧品はコチラ

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください