AX

20代の方の敏感肌対策方法

20代の敏感肌で悩んでいる人にどのようなスキンケアがおすすめ?

 

20代と言えば10代の頃のニキビの悩みもなくなり、肌がバランス良く活発に働いて良い状態が続く時。
しかし、現代ではそんな20代の多くの人が敏感肌で悩んでいますよね。

 

 

敏感肌の定義

 

敏感肌は皮脂がベタベタする部分と乾燥している部分が両方あったり、少しの刺激で痒くなったり
赤くなったり、ぶつぶつが出来たりととっても大変なお肌。

 

20代と言えば皮脂の分泌もまだまだ盛んなので、そのベタベタを取り去ろうと一生懸命洗顔した結果
敏感肌になってしまったというケースも多くあります。

 

 

20代で敏感肌に悩んでいる方におすすめな対策方法

 

そんな悩める20代の敏感肌さんにオススメしたいスキンケアは、しっかりと保湿してくれて
肌に刺激のないの化粧品です。

 

20代の敏感肌さんは、顔の一部はとってもベタベタしてオイリーですが、実は他の部分は乾燥している場合が多いです。
ベタベタを取り去ろうと過度な洗顔をしてしまい、皮膚を守っている必要な皮脂まで取り除いてしまい
これではいけないと思った脳が「皮脂を分泌して皮膚を守れ」と指令を出すのです。

 

これがベタベタと乾燥の原因です。

 

ですから、ベタベタの部分も勿論乾燥している部分にもしっかりと保湿成分をたっぷりと含んだ化粧品で
ケアしてあげる事で、ベタベタも解消していくはずです。

 

成分としては天然保湿因子(NMF)やセラミドが配合された化粧品を選びましょう。

 

 

敏感肌の方には無添加化粧品がオススメ

 

敏感肌には無添加の化粧品がいいと言われます。
しかし化粧品に使われる成分は実は何千種類もあります。
沢山ある成分の中にはやはり肌へ刺激があるものもあるのです。

 

敏感肌さんなら良く知っているであろう”パラベン”は、化粧品が腐らないようにする防腐剤です。
この防腐剤が肌に良くないとパラベンフリーと言われるパラベンを使用していない化粧品もあります。

 

しかし、パラベンを使わない代わりに他の肌に刺激のある成分を使っている場合もあるので
ひとくちにパラベンフリーの化粧品がいいとも言い切れません。
(パラベンは防腐剤の中で一番安全といわれているのです。)

 

無添加と言われる化粧品でも、本当に必要なものが排除されて
パラベンに代わる他のものが入っているものもないとは言い切れません。

 

敏感肌さんが選びたい化粧品の成分は、NMFやセラミドの保湿成分がたっぷりと入り
その保湿を蒸発しないように蓋の役目をしてくれるホホバオイルやオリーブオイルなどの上質な植物油
そして鉱物油や香料の肌の刺激になるものが入っていない化粧品がおすすめです。

 

 

 

敏感肌におすすめな無添加化粧品「アナヤス」

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください