AX

敏感肌になってしまう原因

敏感肌になってしまう原因について

 

女性の約半数が自分は敏感肌であると回答しているという調査データもあるぐらい、日本人女性の多くが自分は敏感肌だと感じています。

 

しかし、もともとの肌質が本当に敏感な人というのは、本来そんなに多くはありません。

 

実は日常のちょっとした習慣が健康な肌を敏感肌にしてしまうのです。

 

 

敏感肌を作ってしまう原因@乾燥

 

健康な肌の表面には、油分と水分が混ざった自然な皮脂膜があり、肌をあらゆる刺激から守っています。
普段のスキンケアを化粧水だけで済ませている方・10代のころよりテカリを感じている方は要注意です。

 

大切なのは水分と油分のバランスです。
化粧水で水分を補給した後は、必ず乳液・クリームでふたをして、蒸発を防ぎましょう。

 

また、10代のころよりテカリを感じる方は油分が多いのではなく、水分が足りないために、相対的に油分が多くなっている可能性があります。

 

油分が足りていると思って乳液やクリームの使用を控えると、水分が蒸発し、テカリが目立ってしまいます。
化粧水の後には必ず乳液でふたをしましょう。

 

 

敏感肌を作ってしまう原因A擦りすぎ

 

クレンジングや洗顔の際、必要以上に力を入れていませんか?クレンジングクリームや洗顔の泡をたっぷりと乗せ、指で触っているのを感じないくらいの力で肌を触りましょう。

 

また、お顔に使うタオルは柔らかく、吸水性が良いものを専用に用意するのがおすすめです。
顔にそっと乗せ、上から抑えるように水分を拭き取ります。決して擦ってはいけません。

 

心当たりのある方はぜひ以上の2つのことを意識してみてください。
いくつになっても必ずお肌は応えてくれます。

 

敏感肌対策にアナヤスの購入も検討してみましょう。

※個人の感想で効果を保証するものではありません ご注意ください